読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第二記

ベガルタ仙台は他のクラブに比べ、市民クラブ的色彩がはるかに強い。

いや、強くて当り前。

それ故、市民の声を無視してはならないのだ。

(下のほうの職員さんらは聞く耳はあるように思える)

 

社長・幹部らは、能天気に「ベガルタの財力からすると、今の位置は悪くはない、妥当である」なんて言うんじゃないだろうか?

我々に言わせりゃ、手倉森さんの遺産か何かでやってきたようにしか見えないけどね、絶対!

純粋に晋の腕前だけでは、一昨年末にJ2に落ちてるはず。

リャン・ヨンギベガルタ関係者全員の失楽園だったはずだよ。

 

 

ヨンギについては

一昨年は、模倣されて犠牲になった武藤や八反田、基礎訓練に付き合ってくれたアンドリューらに感謝しなきゃいかん。

ズルがなければヨンギはJ2へ下った武井の下でもあったんだ。あの男の楽にスルーパスを出してみせる力は埋もれたままに終わった。

(八反田も武井も選手層の薄いベガルタで開花するチャンスがあったのに、残念だったな。移籍先でも活躍できないことで更に低いレッテルが貼られてしまったはずだ。旬な時期を通り越した感がある選手だし、あれは彼らにとってホント致命的だった)

昨季については、ヨンギでなくキムミンテがボランチで良かった。

ヨンギよ、もうずるはよさんとな。

 

今は、晋が

ヨンギのほう助をしているのと一緒。

こんな事態を

クラブ内外の誰も摘み上げんようだ。いつまで経っても仙台は良くならん。

本当に困ったもんだ。

独力での更生が極めて難しい会社だ。

 

ブログ、「ベガルタ!(別称  ベガルタに物申す!!)」by:complainant

も確認しておいてもらいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする