保留記の一

ベガルタ仙台は開幕3戦で2勝を挙げた。

Jリーグにおけるビッグクラブ、横浜と鹿島を倒しての2勝なだけに関係者の士気もさぞかし上がっとるんだろう。

 

この2勝を晋managerの手腕の賜物と見る向きもあるだろう。

 

しかし、

ワシは、そうはみとらん。

選手様様の結果とみとる。

その根拠を書かなければ、ただのひがみのように思われるはずじゃ。

ワシは確かな根拠は持っとる。

が、書かんでおく。

 

 

 話はちょっと変わる。

近頃、やっと、べガルタのアッタッカーたちの間でコンビネーションプレーが発生することがあるのだが、あれは、2列目に金久保のようなヒールパスやソールパスをラクにできる選手が入ったからに他ならない。

FWのウィルソンや奥埜もそれについて行ってる。

 

ヨンギ、お前にそんなこと出来るか?(大勢の人前で出せるほどの出来栄えか?ということ)

金久保は川崎の補欠だった男なんだがな・・・・

首脳陣直伝でやり始めたことではないだろう。能力ある選手たちが勝手にやり始めたはず。

 

 

それと、ヨンギ、

お前は、足裏ターンやクライフターンが出来なかったけでなく、右のアウトでのボールの扱いすらたどたどしく、下手くそだったが、この頃、アウトでしっかりボールを扱えるようになったのは誰のお蔭じゃ!? 

それと、左足でもちゃんと蹴れるようになったのも誰のお蔭なんじゃ!?

答えんか!

偉そうじゃな、昨今のお前は。

 

 

ヨンギよ、見よったか?この日記。

晋managerこそ見たらいいわ。

 

 

明るい話題など振りまいている場合ではない。

complainantとして、ワシはこの町のサッカーのありように対し不服を申し立てとるのじゃ。

リャン・ヨンギが仙台の一善良人であろうと、不公平やズルはよくないんじゃ!

ヨンギがいまだに報道陣に囲まれ、スポットライトを浴び、第一人者のようにみなされるのは、子供たちが勘違いを起こしてしまい非常によくないんじゃ。

ヨンギを崇め、ヨンギに満足しているようでは、ベガルタ仙台はいつまでも笑い者じゃ。

 

いまだに 賞賛を受け、相変わらず堂々とプレーしとるようじゃなヨンギ。

だがな、

お前に名誉棄損罪を食わされる筋合いなどないんじゃ。覚えとくがいい。

(ワシは長年ベガルタを観察してきておって、事実を書いとるだけ。嘘は一切書いとらん!)

 

今週は中部遠征じゃの。 

 

ブログ「ベガルタ!(別称、ベガルタに物申す!!)」by  complainant

もチェックしておいてもらいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする