読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保留記の九

あのリャン・ヨンギがそろそろ戦列に復帰してくるはずだ。

 

本人は「チームに迷惑をかけて申し訳なかった」という腹だろう。

 

ヨンギがいないと勝てない、なんていう単純思考では困りものだ。

 

強豪との対戦が続いたが、4連敗は戦術的なまずさによるところが大きい。

水野では荷が重かったというわけでないと考える。

4連敗中、引き分けの1つや2つはあってよかっただろう。

首脳が水野やDF陣をうまくコントロールできなかったという事実は大きい。

 

ヨンギの凡庸なfree kickとあくせく動き回る姿に対し、

リャン・ヨンギここにあり!」的なオマージュがまた発生する可能性がある。

もうウンザリだ!

そんなオマージュを送る評論家なら必要ない。

宮城のサッカーがろくなことにならない。

 

 

ヨンギが、今さら、足裏ターンや切り返しの再訓練とクライフターンの習得に励み、

さらに今さら、若い連中の真似をし、フェイク全般の習得に励むことを非常に厄介に捉えている。

晋がいっそうヨンギに惚れ込み、実力があるはずの控え選手や才能ある若手選手に対し、いつまで経ってもちゃんとした(正当な)出場機会を与えようとしないからだ! いつまでも不平等が続くのだ。

 

 

西川さん、分かってちょうだいよ!

 

ヨンギの行いは品を著しく欠いとる。

道徳的にも大いに問題だ。

 

 

ヨンギに対し寛大を気取っていいわけではないんですよ。

(現場のことは何も分かってない・!?)

 

J1においていていいわけじゃない選手だったんだけどね・・

 

ああ、ヨンギがグラウンドに戻ってくる・・・・

 

 

日記は小休止に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする