特別留保

リャン・ヨンギは我々のこの文章を目にしていない可能性がある。

誰かから伝え聞いている程度ではないだろうか?

リャンの認識は、

後輩の真似を咎められているという程度ではないだろうか?

 

我々が唱える、

!ヨンギ不要論

※超高サラリー論

※控え・若手踏みつぶし論

※チームメイトのテクニック錆び付かせ論

※あり口如何様論

等の論に気づいていない可能性が高い!

(上記の論の基盤になっている※不公平的フリーキック権独占享受論や、※身近にいる補欠や後輩・同輩のスキルを模倣することでしか成長できなかったという論も絶対外せない!

そして、※ノーテクニック論はお前自身にも響くはずだ、リャン。

現場のリャン重用に端を発しているとはいえ、※象徴化迷惑論もだいぶ説いてたんだ。 ※戦術等soccer無学論もな。)

 

逃げないでそろそろ目を通す時期じゃないか?

どれも事実。

それでも不満に思うとしたら、リャンの思考力が足りないとしか言いようがない。

 

 

< 補足>

まだ書くのか!?と言われるだろう。

それでも、念のため書いておきたい。

これまで「ベガルタはセットプレーからの得点が多い」と評価されることが多かった。

そして、それは「リャンのフリーキックのお蔭」と単純に結論付けられていた向きがある。

 

我々は、そのことに猛烈に抗議したい気持ちだった。

セットプレーからしか点が取れないのは、FWが駄目なせいではない!

攻撃的MFが上手くチャンスメークできないことのほうが責任が大きかったんだ!

リャンはフェイク(すなわち、ドリブル)のテクニックが全く無く、ボールのコントロールも下手なために、ボールキープ力が極端に低かった。

すぐにボールを放したがる(すぐにパスしたがる)人間だったんだ。

(フェイクを身に付けることができたのはアンドリューによる教育のためだけではないな、リャン。ボールコントロールについてもだ。)

 

そして、パスも、前パス、横パス、バックパスといったフットボーラーとして当たり前のこと(基本作業)しかできずにいたんだ。 勿論、クロスやロングボールも出していたと言えばよく出していたがな、インサイドで。

(縦パスは晩年、補欠だった武藤の模倣をしてやっと出せるようになったことを我々は覚えているんだぞ)

 

敵DFラインの背後を鮮やかに突くようなパスを出すことも無ければ、絶妙なスルーパスを通す力も無かったし、ヒールパスやソールパスなど出てこよう筈も無かった。 

兎に角、感心するようなラストパスを出したことなど全く無く、敵から危険と思われることのない、安牌のМFだったのである。 

[МFであろうと他のポジションであろうと、実際のゲームの中で出すパスの殆どは基本作業的なものであり、こういったパスを出す機会は一試合中数回あるかどうかだ。相手のディフェンスが厳しいために一回も出せない試合だってある。それが出せるか出せないかで攻撃的МF(チャンスメーカー)としての価値が決まってくる。リャンのプレーを気長に眺めていてもそんなパスは全く出てこなかったんだ]

 

コンビネーションを仕掛ける発想もお前には全く無かったな。

フィニッシュに携わるにしても、その能力はスターにしては低すぎだった。

(この際、PKの能力についても言わせてもらうが、他チームの一流フリーキッカーとは月とスッポンである)

 

最近、野沢ら、テクニックを持った年下の連中を模倣し、何食わぬ顔をしてそのテクニックをゲームで出すようになっていたんだ。 驚くことに、現場首脳陣もフロントもそのことにさっぱり気付かないんだ。気付こうともしない。お笑い種だよ。

傍に上手い控えや後輩がいて模倣させてもらえない限り、凡庸なプレーしかできないんだけどな、リャンって男は。 真似されるほうの年下選手たちも全く気付かないのか・・? 気前がいいだけなのか・・?  我々は彼らに失望していなかったわけではないんだ。

 

話を戻したい。

エースに指名されているМFのリャンにチャンスメークの能力が無いから、

FWはクロスに合わせることに懸命になり(サイド攻撃に大きく依存)、

チームとして、(堅守後の) カウンターアタックにかけるようにならざるを得なかったんだ。

そして、コーナーキックを代表とするセットプレーにも大きく懸けるようになったんだ! (皆がキック後のセカンドボールの押し込み、流し込みにも勇む形を取り)

 

なのに!、 (MFリャンの不実力のせいなのに!)

リャンのフリーキック力のお蔭でベガルタが助かってるなんて評価するのは大間違いなんだ!!

本末転倒!!

 

約十年。毎日毎日、独占的に蹴らせてもらって、あのくらいのコントロールにならない人間なんていないはず!!!!

(現場とフロントが家族ぐるみのようになり、リャン・ヨンギをキックターゲットだけは人並みにぶち抜く人間にしてやっただけ.。 リャン坊坊誕生のメカニズムはこんな程度のことに過ぎない) 

 

それを4.500万もくれてやり、象徴にもしてやったんだ。

だいぶ貢いだんだ。

今季、二.八なんかじゃないはず。

(一昨季、ピッチ上で野沢とフリーキック権を奪い合っていた時期があったが、我々も腹が立った。  お前にな!  見苦しかったぞ!  お前にとって重要な生活の源なのだろうが・・  金輪際、ベガルタにはたからないでほしい)

 

 

我々は、

晋マネとリャンがセットで退団するのが相応しく、リャンを先発で起用させ続けて失楽園を遂げさせようと考えていた。 漁信基中枢も我々の考えに理解を示し、シーズン終了後にリャンと晋に同じ裁きを下さざるを得ないだろう、とも考え、JPNのトップにもリャンの先発起用を勧告してもらっていたのだが、雲行きが怪しい・・

漁信基中枢の腹は我々の予想を超え、旧態依然としている可能性がある!

 

漁信基のフリーキックを蹴る選手への評価は以前から馬鹿高い。(他チームとは事情が違う)

リャンがフリーキックを蹴っている限り、リャンへの高評価を止めない可能性がある・・

ヨンギカーニバルでの盛り上がりやリャン信者の様子・動向などからリャンの価値を感じ取って、高い評価を与え続けている可能性がある・・(勿論、マスコミのリャン評にもかなり囚われているはず)

 

西川PRESIDENTについては、あの人のサッカーに関する見識からして、そんな程度の評価の下し方だと思い、注意しておくべきだろう。 まあ、何はともあれ、強化部依存が本質の人(!!)という我々の見方に一切変わりはない。

その強化部は、これまで何も疑うことなくリャンに沢山のサラリーを付してき人々である。依然、リャンに高い評価を与ている可能性を否定できない!

 

リャンは我々の告発のことは知っているはず。

(リャンの周囲はその内容を認めているように我々はみているのだが・  否認すると言うのだろうか!?)

それでもリャンは、ゲームに出、堂々とプレースキックを蹴り続けている。

呆れるばかり。

腹切りの精神(くれぐれも辞意、退団のこと)などまるでないようだ。

それは晋MANAGERにも言えること!

 

この会社。

フロント幹部が上記のような有り様のままだとすると、

事態は膠着したままということになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

広告を非表示にする