読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

  表明

ワシらは、漁信基は何とかしなきゃいかん腹になっとる、と捉えておったんじゃが、

間違いかも知れん。

「君たちの考えは一応聞いとく」程度の腹であった可能性があるんじゃ。

 

話は少し変わる。

ワシは何年も前からヨンギ不要論を唱えとる。

晋不要論についてはグラハム失脚後に晋による暫定政権が誕生し、ヨンギに対する盲信等が明らかとなってから、ずっと唱えとったんじゃ。 一日たりとも晋放逐を願わなかった日はないんじゃ。

真摯に唱えてきたつもりなんじゃが、まともに取り合われなかった感じがしとる。

堪忍袋の緒も切れるってもんじゃ。

 

もし、President西川も強化部も晋Managerとヨンギを切らんとおっしゃるんなら、

ワシはベガルタと袂を分かつつもりなんじゃ。

ベガルタとして生きていくつもりじゃ。

(ワシらがベガルタをサポートすることは絶対ない言うことじゃ)

 

ワシらの思想に共感し、

President西川や強化部に抗議したい気持ちになっとる人もおるかもしれん。

じゃが、一定の冷静さは保ってもらいたいと思っとる。

 

なるべくなら穏便に、そして、迅速に漁信基中枢の心にワシらの意思(正当と思っとる)を響かせなきゃいかんと考えとる。

この時期、監督や選手の来季の処遇について検討し始めとるのが普通で、ベガルタも始まっとると考えといたほうがいいんじゃ。

漁信基中枢がどんな判断を下しにかかるか・・ 

これから勝負所に入るんじゃ。

 

#  ワシも加筆しとく。

仮に、漁信基の役員ルームにおったとして、

ワシなら、ベガルタがJ2におる段階でヨンギを切るように力説しとったはずなんじゃ。

J2と言えど、ワシが選手に求める条件はあんな程度ではないんじゃ。

せかせか動き回ってくれるだけではプロとは言えん。

ヨンギのノーテクを見抜き、

「契約は更新せん」

と中枢のほうから早めに言い渡してくれるよう、説得しとったはずなんじゃ。

 

晋Мanagerについては、

Managerの地位に就き、実際に指揮を執るまではManagerとしての適性や資質、能力について捉えられなかったというのが正直なところじゃ。

ヨンギほどネガティブな論(以前に記述)の数はないんじゃが、欠陥度はかなり大きなリーダーと評価しとる。

ワシなら、一昨季終了後に自信をもって、晋Managerに解雇を言い渡しとる。

ベガルタの将来を考えた場合、指導者層に留めておけば、マイナス効果のほうが遥かに大きいと考えとる。

他にもManagerさん候補は山ほどおるはずじゃ。

(晋Managerよりリーズナブルな候補だっておるだろう)

漁信基中枢はManager選任にもっと努力すべきなんじゃ。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする