読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

晋マネは胸中を語る際、努めて、続投の意欲があるようにとられる言葉を吐かないように注意している節がある。

だからと言って、辞意を固めているわけではないと考える。

「漁信基中枢が自らに続投要請してくるのなら前向きに考える」という腹であるように捉えておくほうが間違いないであろう。

 残念ながら辞任しなければならないという境地には達していないのである。

それもこれも、我々の文章を見ていないからには他ならない。

 

晋マネにはそれ相当のIntelligenceが備わっていて、あの中枢がそれを高く買い、愛息子としてこれまで大切に育ててきたはず。

しかし、気付きを悪くさせる何かも併せ持っているようなのだ。

 

西川PRESIDENTや幹部たちはいったいどうするつもりなのだろう?