読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先日のゲームで案の定、(西村に代わり)リャン・ヨンギが途中出場を果たした。

 

この事象を最大限、我々にとって都合のいいように解釈すると、

漁信基は遂にリャンを切る態勢に入った、

ともとれる。

 

しかし、これは希望的観測に過ぎない。

 

一部に、リャンの気持ちが移籍志願に傾いたようだとする噂が流れたのであるが、そうではないと思っておくべきだろう。

 

記述を重ねる中で賛同者もでてきてくれたと我々は捉えていて、

正当、適切なアクションを起こしてくれていると思っている。

そして、漁信基の下級の職員がそれを承っている(?・・・・)と考えている。

彼らは西川PRESIDENTや古い幹部に対し、ある時から上申できない状況ではないのだろうか?

(まさか、一度も上申したことがないとは思いたくない!)

 

西川PRESIDENTや古い幹部は

我々から、リャンは如何様、晋が不適格くらいの言いがかりをつけられていることくらいは認識していると強く思っている。

しかし、自らの信念(三年J制覇構想)と寵愛主義を貫くためにリャンと晋を守り通す態勢に入っているように見えるのだ。

 

PRESIDENTにとって自らを取り巻く空気は逆風ではないようだ。

敵は我々だけであって、押し切り・逃げ切りが可能と判断し、

晋続投、リャン契約延長の青写真を描いている可能性が高い。

(下級職員は逆風やプレッシャーを感じているのだろうが)

 

それにしても鈍い。鈍すぎる(!) あのPRESIDENTは・

 

追伸

我々はだいぶ以前にリャンが後輩やサブのプレー(テクニック)を模倣する行為に腹を立て、それをやめるようリャン本人に伝えようと努力したことがあった。

それが実を結び、リャンの模倣行為を減少させることができたのだが、リャンの反応は「真似は悪いとは思わん」というものであったらしい。 

それでもその後、「駄目だと言うのなら謝る」というサインを我々に向けて送ってきたのだ。

我々は、それに加えて、「お前はサラリーの件など諸々の件を考慮すると、ベガルタを去るべきだ」というメッセージも送ったのだが、リャンは逆に、「悪かった。許してくれ」というサインを送ってきたのだ。

(※リャンには依然として模倣を咎めるメッセージしか伝わっていないようだ)

 

最近ではリャンの腹も変わってきていて、強い焦りとともに「いつまで俺を阻害するんだ」という強い苛立ちも感じているようだ。

 

晋について

あの男は「俺はベガルタでやりたいんだ」と言わんばっかりの態度を取ることがある。

それとは逆に、続投に対する意欲含みの発言をしないようにも努力もしている。

少々複雑だ。

「俺の行く手を阻みやがって」という強い憤りも時折、垣間見せている。

 

リャンと晋に対し、西川PRESIDENTは「君たちに辞めろという苦情が届いているが、気にしなくてよい」くらいの言葉は掛けてるんじゃないのか?という見方もあるようなのだが、我々は今のところ直接的な声掛け(配慮)はしていないようにみている。(晋は雰囲気から察知しているだけで、リャンも今や雰囲気から察知しているだけだろう)

 

 

暫く前に、ユアテックで大きなスケッチブックを持ち、晋の背後に立っていたことがあるPRESIDENTだが、あれは自らに差し迫ってきているピンチを切り抜けるためのパフォーマンスであったように捉えている。

即ち、「晋君、君が辞めたいと言うのなら止むを得ん。辞表を書きたまえ。預かろう」と言うことではないだろうか?

自分たちが愛息子として大切に育ててきた手前、冷たくバッサリ切り捨てることは道理に反するはずである。このような腹にもなってみせるのではないだろうか?

(翻って、PRESIDENTが追い込まれ、晋を切らざるを得ない状況に達した時、どんな言葉で晋を切るのだろうか!? ここまで必死に庇い続けてきたのだ・)

 

 

晋とリャンのことについては密室で議論すべきであり、本来、オープンにすべきではない内容。(我々は終始このスタンス)

理解や賛同を得るために止むを得ず書いてきた。

それだけは記しておきたい。

もはや責められるべきは中枢なのだ。