2017シーズンの竜宮選手へ通達

もう書く予定はなかった。

 

2017シーズンが始まった。

 

竜宮チームは、

思いっきっりインフロントの速いパスを使っている!!!!!

(試合を通してほぼレベルでやってるし)

   

無罪放免なんかじゃない。

 

若いのに物忘れしてもらっちゃ困るんだよね。禁止令。

 

踏み倒しなのか!?

 

「盗人」とは呼んでおく。

 

以上。

 

 

 

下野せよ 」

先日の会見

竜宮城、西川城主の表情は些か曇っていた。

 

あの男も遂に世間の圧を感じ取ったのだろうか?

それとも、

役員クラスの人物に苦言でも呈されたのだろうか?

 

翻意を期待する人もいるとは思う。

 

果たして、あのならず者、

何か手を打ってくるだろうか?

やはり、

ダンマリを押し通すのだろうか?

(無策という強硬姿勢を貫く可能性のほうが高い・)

 

 

 

以前にも述べたが、竜宮城の城主、重鎮とメインバックアッパーは皆、サッカー薄学もしくは無知者であろう。(城主を選任・任命する者に、サッカーを正しく見る力がないことが今の有り様を生んだと言える。ご立派な聞屋城主に今後も竜宮サッカーを託し続けるのだろう)

上級階層の者同士、互いを思いやり、庇い合っていくのだろう。

 

必要以上に責め立て、追い詰めると、

居直り、お高い態度と言葉で反撃してくるかも知れない。

 

彼らは

リャン・ヨンギの不正レギュラー等の件を不祥事などと認める気はさらさらないに違いない。

(「この程度の問題は大目に見てくれていいだろう」という無反省な態度を取る気なのだろう)

世間では、問題となるstudentは退学させられ、問題を起こしたpoliticianは辞職させられると言うのに・・

実に太太しい!

図図しいこと極まりない!

 

 

西川城主、

いずれ、必ず退陣してもらう。

 

 

 

広告を非表示にする

梁教会は強い・・! (対して梁動説は・・)

我々は、竜宮城の西川城主は告発文の内容の殆どは知ったはずと察している。

(漁信基のバックアッパーもとうに知っているであろう)

 

その上で「言うことは聞かん」ということなのだろう。

 

本当に理解力がない人たちである。

頑固な否認でもある。

 

自分たちが高く買う、

御曹司・晋と坊坊・リャンを引っ提げ、

「西川王朝」を築くつもりなのだろうか・・

だとしたら本当にならず者だ。

 

それとも、瀬戸際外交に打って出るのだろうか?

 

「けしからん」と思っている人が沢山いると信じている。

 

 

話は変わる。

リャンは宮城県のサッカー界の太陽である。

リャン中心に回っている。

(これを梁陽説と呼んでおこうと思う)

 

 異論を唱えようが何をしようが、リャン賛美は終わらない。

リャン陽説こそが真であり続けるはずだ。

 

リャンがノーテクであろうが、不実力者であろうが、「リャン・ヨンギは素晴らしい!」と事あるごとに崇め続けている。

(リャンは素晴らしいと心の底から信じて疑わない人が相当数いるように捉えている)

 

相変わらず、リャンを太陽と信じ、そして、定め、その周りを回ろうとしているのだ。

(リャンは単にプレッシンングでピッチをグルグル動き回っているだけのサテライトに過ぎないことを唱えたとしても、馬耳東風的な態度を取られてしまう)

 

我々は不屈のリャン賛美者をどうすることもできなかった・・

リャン教はしぶとい。

 

読んでくれた人たちへ向けての率直な感想である。

 

 

 

 

追伸

あの城主は逆風を感じることなく2016シーズン(ホーム最終戦)を終えたはずだ。

今もって何も恐れていないのだろう。

今もって多くの観衆に見守られ、沢山のスポンサーに支援してもらっている。

我々の告発など、竜宮城にとってちょっとした横風に過ぎなかったのではないだろうか?

インフロント/レベルパス禁止令のことは屁でもないと捉えている可能性が高い。残り2試合の内容から「あの程度ならいける!」と踏んだはずである。

(ハモンも頑張ってみたまえ)

 

2017シーズンも変な目で見られる。(いい加減にしたいのだが)

それでも、あの城主は順風のみを感じ、我を押し通す。

きっとそうだろう。

 

 

・晋について言及

我々は一昨季からベガルタ仙台に関与していた。

晋のみに任せていたら、一昨季も、昨季も30点をゆうに切るチームであったと推算している。即ち、二年連続でJ2に落とす腕前だったのである。

そして今季、勝ち点を43まで伸ばしたが、我々はリャンの威光をかなり弱めることができたことも大きな要因であったと捉えている。若手を中心に、表向き「リャンさん、リャンさん」状態は残っているようだが、腹の底ではリャンに対する軽視が起こっているはず。そのことによって、

チームメイトは、テクニックやプレースタイルについた錆びを削ぎ落とし、試合で使えるレベルにまで戻し、実際にゲームでそれを発揮するようになってきているのだ。

我々の活動は、選手の腹の中におけるリャン崇拝を形骸化させつつある。

 

世間は福永cとの二人三脚がどうのこうのと評価しているようだが、眉唾以上。

三年連続でJ2に落としてくれた政権と評価している。

 

 

 

 ・繰り返しになるが、 念のため。

インフロント/レベルパスの不使用は選手たちに実行してもらうものである。

フラストレーションは強いだろうが、彼らの理性と良心に期待する。

 

禁止令は竜宮城の要の城主と重鎮に向けて発したもの。

選手は犠牲者に過ぎない。(選手たちは悪くないのである)

 

選手たちはフラストレーションを城主、重鎮に向けられるはずがない。

とことん抑え、忠誠を尽くして生きていくに違いない。

 

我々は城主、重鎮を精神的に包囲していく。

(禁止令はそのメインとなるもの)

意固地になった悪には、このような強硬手段も止む得まい。

我々はリャン不正レギュラーの問題等を重たい不祥事と認定し、その責任を取らせる姿勢を貫くつもりでいる。

メインバックアッパーも彼らを辞めさせるべく動かないのだから・・

 

リャンには来季以降もテクニック使用を禁じたい。(アウトの使用と足裏でのball  stoppingのみを可とする)

あの男は我々がベガルタに関与してからテクニックを身に付けようとし始めたのだから。

 

時間の経過とともに我々は単なる邪魔者になっていくことを危惧している。

我々の関与が弱まり、

リャンが即座にテクニック練習を始め、そして、身に付け、

専門家が再び「リャンはやっぱり頼りになりますね!」を始め、

リャンの肖像が至る所の店頭に置かれるようになれば、

リャン教は再興することになるだろう。

竜宮城は、

リャンとの間に、ブライダル路線を敷くことだってあり得る。(この路線はリャンがビッグになりだした頃から潜在的に存在していたはず。本人たちに自覚はないだろうが・)

 

我々は、不祥事が不祥事でなくなることのないように関与していく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戦後弁

晋続投が決定した。

 

我々としては決められた期限までに問題を解決できなかった。(不祥事を清算できなかった)

敗戦の弁を述べておこうと思う。

 

晋はとうとう「辞めたい」という心境に至らなかった。

リャンも最後まで「出ていく」という気持ちにならなかった。

 

「そこまで嫌がらせしなくていいだろう!」程度の腹にしかなってくれなかった。

表向き、リャンにテクニック使用禁止という形しかとっていなかったため、このようなことになってしまったとは言える。

それでも、

彼らが自分自身がどの程度のフットボーラー(サッカーマン)か、他人からどう思われているかについて分からな過ぎであり、鈍感であり、もっと的確で深い自己認識を持つべきであるという意見に変わりはない。

(適切な清算の仕方は、告発内容を本人たちに知らせ、彼らの判断で責任を取らせることよりも、漁信基中枢に問題を突きつけ、考えさせ、落とし前をつけさせることである・・  そのことに間違いはないはず)

 

当初、中枢がご本人たちに告発内容を教えないよう社員に向けて箝口令を敷いたように推察していたのだが、近頃はほったらかしだったと捉え直した。

 

下級職員は多少使える人間たちで、上手い具合に晋やリャンに(告発の一部を)伝えてくれるのではないかと期待したのだが、最後まで動かなかったようだ。誠に遺憾。

(漁信基がリャン様状態、リャン賛美状態にあることを考えると、選手たちのほうは動きにくかったとしても仕方あるまい)

 

我々の最大の計算違いは、

セミ社長、及び、幹部の図太さ(!)

我々が想定していた以上の賛同者は得られたと実感している。

それはビビッて当然なほど。絶対に無視できないほどの人数にまで膨れ上がり、そして、勢いに至ったのだ。

なのに、軽視し、無視し続けた。

昔から全く変わらない態度・体質(!)

振り返れば、腸が煮えくり返り、告発を決めたのもこの理由からだった。

 

悪党と呼べるだろう。

 

最大バックアップの自治体上層は、サッカー薄学者、もしくは、サッカー素人に変わりなかろう。(元々、サッカーなど愛していないし、大した興味も抱いていない人たちだろう)

彼らとあの漁信基が話し合たところでどうにもなるまい。

体裁図りで精一杯だろう。

彼らの本音は、四.五〇〇など無駄使いにも値しない、はした金に違いない。

(第三者委員会など設けたところでそんなものは眉唾物。 リャン批判など生まれてこの方聞いたことがない・・   期待外れの論議がなされ、怒りに震え、無力感に苛まれることになるだけとみる)

 

インフロント/レベルパス禁止令を敷いたが、

あの中枢は、スコアが0ー1で、あのくらいのゲーム内容であるなら、来季以降もやっていけると踏んだのかもしれない。

好きにすればよかろう。

我々は、禁止令を継続し、来季以降も監視していこうと考えている。

穏やかにではあるが、「制裁」は継続していく。

(リャンのあっけらかんとして悪びれもしない態度は議論の対象になるが、我々からすれば、お前は元々そんな程度だもんなという感想。 晋はリャンのほうが気に入らなくてこのようなことを強制してくると考えているのではないだろうか?   晋の腹の中では、自らが責められている感じはゼロに近いかもしれない・)

 

あの中枢は茨の道と考える。

(懲らしめ、戒められるべき人間なのだ)

 

賛同者には、結果を出せず、また、このような方法しか取れないことでストレス与えたことを率直に詫びたいと思う。

 

活動はスローダウンしたいと思う。

 

 

 

 ベガルタでも直に契約更改が始まるじゃろ。ヨンギに高い銭を払うために、例の「契約は更新しない」宣告を受ける選手も出てくるはずじゃ。

 

ワシに言わせれば、Semi-President西川とSenior  Executiveの実力の無さのほうが深刻なんじゃ。

当人に自覚は全くないはずじゃ。

そんな上司に首を切られなければならんとは・・

 

どうせ、ヨンギの不正レギュラーの話はベガルタやそれを取り巻く人間達のお固い頭には理解できんじゃろ。

あのSemi-Presidentの無視っぷりと強情さには甚だ呆れさせられたもんじゃ。

生き延びようとしたところで、いずれ罪裁かれるじゃろ。

 

ワシは問題を問題として捉えようともしない株式会社ベガルタ仙台が憎いんじゃ。

人様のお金を使って凡凡を溺愛し続ける姿勢を断じて許せんのじゃ。

 

非情の通告じゃ。

Semi-President西川、お払い箱じゃ。

(Executiveもじゃ)

 

Presidentはあんたじゃなくていいんじゃがな・!

 

 

 

 

地元では弛ますことなくリャン賛美を続けている。報じているのだ。

選手たちによる「リャンさん、リャンさん」の件、

額面通りにとるとはね・・

リャン教 恐るべし!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

親分とは何ぞや!?

かなり多くの人がやきもきしていると思れるのだが

セミ社長は翻意しないようである。

渡辺晋続投で堅いということなのだろう・

 

それにしてもあのお方は

晋とリャンを愛息子扱いしながら、彼らを晒し者にし続けたのだ。

我々が何を書こうが、ほったらかしにし続けたのだ。

欺瞞に満ちた態度である。

社長失格だろう。親分とは到底言えない!

 

聞屋としては超一流だったのかもしれないが、サッカークラブの社長としては無能。

罷免でよいはずの人。

 

翻意説も流れているが、そんなことはあり得ようもない。いったい、どんな言葉で一転、彼らを解雇すると言うのか?

 

そして、結局、

年末のイズミティ(?)では素晴らしい親分面を見せてくれるはずだ。

 

 

 

インフロントパスについて触れておくが、

2014年からはつま先にかなり近い位置でボールを捉えるようになったはず。このことによって上手い選手はかなり速くボールを転がすようになったのだ。

それ以前は、インフロントで転がしているのか? インサイドで転がしているのか?  紛らわしく見えることも多かった。 先日の東京戦でのベガルタのパスはまさにそのような感じであり、2012年、2013年程度の風情であったように思う。(一部に明らかにインフロントで蹴り続けていると思えるプレーヤーもいた。)

レベルパスについても一言。

2013年の途中から徹底化されたことは既に述べたのだが、それ以前についてはレベルとそうではないものが混在していたと言える。(大雑把に言って半々であった) 

東京戦でのベガルタのパスはまさにそのようなものであったと捉えている。

コーナーキックフリーキックもあのような感じで蹴っているならよいだろう。(2012年頃のキックと同等だったと言える)

FWハモンのシュートもインサイドで蹴ろうとする精神は及第と言っておきたい。

 

パブリック色の濃い状態で、晋とリャンを愛し続けようとするにも限界がある。

我を通したいのなら、

プライベートな会社にして勝手に愛すがいい。

いい加減にしなさい、と。

 

もしも、中枢およびその周りが今回の件で事情聴取などしようとしているなら一言いっておきたい。

選手たちにリャン評や渡辺晋評を問うても無駄であろう。

彼らのことを不実力だと答えるはずがない。

そう思っていたとしても知らを切り通すだろう。

(彼ら特有の)友情を守り通すはずである。

選手たちはリャンや晋より上の立場になれると思っていないし、彼らに対しネガティブな意見を発することはサッカー界で生きていくうえで不利となる可能性があることを十分悟ってもいる。

無駄なことは是非やめてもらいたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Natural Monument ~ SENDAI RYUGUJO

漁信基竜宮城・城主である西川善久氏は相も変わらず城内で悠長に時を過ごしているのであろう。

外界で起こっていることに一切気付こうともせず、あなたがのうのうとマイペースで過ごしている間に世の中はけっこう変わったんですよ。(あなたが思っているほど順風ばかりが吹いているわけじゃない。)

イライラさせられた人が山ほどいると言うのに・・  あんたっていう人は・・

社長にあるまじき状況把握力、危機察知能力の低さである。

(リャンに対する大盤振る舞いと社長、幹部の悠長ぶりは伝説もの。我々は決して忘れない)

 

西川城主と言ったら、素晴らしいほどの泰然自若ぶりを発揮するお方。

しかし、TPОを弁えたそれにしてもらいたいものである。明日もきっとそのような雰囲気を醸し、スタジアムに姿を見せるのだろう。

 

我々に対し、「話せば分かる」というスタンスでいるという噂を耳にしたことがある。(我々に何を分からせるつもりなのだろうか?)

とんでもない!

ボケをかますのもいい加減にしてもらいたい。

(話し合いの余地など全くないのだ)

 

選手たちが、我々が発したインフロント/レベルパス禁止令に気付いているかどうかは分からない。

それはそうとして、ベガルタ仙台がとるであろう態度には(おおざっぱに言って)次の三つが考えられる。

 ・何を言われようが、従来通りインフロント/レベルパスを実践し続ける。

(しばらくは禁止令に気付かぬふりをしているかもしれない。セミ社長や晋の目を怖れるなどして選手が禁止令を遵守しないということも起こり得る。その術を使用している限り、いかなる理由があろうと我々の側からすれば違反行為に変わりはない。 いずれ、そんなものはサッカー界全ての人のものであり、貴様たちのものではないという居直りの態度へと変貌を遂げるのではないだろうか)

・セミ社長の信念を重んじ、二人の愛息子を愛し続ける道を選択し、外部からの圧力に屈しない素晴らしい魂を見せんとして、会社としてインフロント/レベルパスを放棄する決断をする。(そうしたければどうぞ。)

・遂に降伏し、インフロント/レベルパスの正規使用を求める。(後ろめたさの解消を求める)

 

我々は、ベガルタ仙台がインフロント/レベルパスの使用を今季中に放棄しなかったとしても、来季以降、粘り強くその放棄を求めていくつもりである。

 

 

 

 

 

『 発令!!!』

渡辺晋の来季続投決定の報を受け、

連合の内部で、ベガルタ仙台に対し、

『 インフロントキック(まあ、主にはパスのこと)とレベルパスを使用することを禁じようではないか! 』

という意見が沸き起こっている。

 

JPNのリーダーに上申したのだが、「連中は止めようとはしないのではないか?」「通告しても無視するだけだろう」という旨の返答をもらった。

 

ここでちょっと言わせてもらいたいことがある。

インフロントキックについて、

無論、我々のものなどではなく、フットボールの基本的キック法の一つでしかない。しかし、Jリーグではインフロントでのパスは全く行われてこなかったし、シュートやフリーキックコーナーキックについてもインサイドでのほうが圧倒的に多かったはず!!!

(ヨーロッパのチームとの対戦で、代表チームが、相手に倣い、呼応するようにインフロントパスを出していたゲームを見たことはあるが、その時だけのものであって、Jリーグには持ち込まれ、普及するには至らなかった)

 

レベルパスについては、

三年前に徹底化されたことは既に把握していると思うが、それまでのJリーグにおけるパスはと言うと、大きくポンポン跳ねるわけではないものの、詳しく見れば、(大なり小なり)地面から浮き、跳ねていることがほとんど。トラップに(細かい)注意を要するものであり、トラップミスも今よりも多く発生していたのだ。

加えれば、

インフロントパスもレベルパスもジャパン発でアジアに浸透したとみなしている。アフリカも同時期に始めており、アジアから伝わった可能性が極めて高い。

(遅れて始まった北中米についてもレトロスペクティブな調査を実施したのが確証は得られなかった)

 

リーダーは常々、「レベルもインフロントも何年先か数十年先かにはジャパンに伝わってきたはず。それに大した術(ワザ)でもない。偉いと言うのならそれを始めた奴ら」という意のことを語り、レベルパスの話もインフロントの話もしたがらない。

 

この度、リーダーにそのような発想(ベガルタに対する使用禁止命令)はなかったのだが、漁信基中枢が独善的で無反省な態度を改めず、遂に晋続投を決定したことに耐え兼ね、我々連合はその対抗(報復)措置としてベガルタ仙台に対し、インフロント/レベルパス使用禁止令(無期限に)を発そうと考えている。

漁信基中枢は相変わらず無視するだろう。

我々はこれを見ている(?)選手の良心の呵責に期待しようと思う。(罪のない選手には悪いことだが)

 

 

広告を非表示にする